筋トレの知っているようで知らない知識を調べてみました

筋トレ豆知識 > 毎日やってもOKな筋トレの部位はある?

毎日やってもOKな筋トレの部位はある?

筋トレをすることで、筋肉が破壊されます。そしてそこから修復が始まって、より大きく強い筋肉が生まれます。これを超回復といいます。実はこの超回復のペースというものが筋肉の種類によって異なるといわれているのです。端的に言うと、小さい筋肉の超回復は早く、大きい筋肉の超回復は遅いといわれています。

大きな筋肉というと胸や背筋といったところが非常に大きな筋肉といわれています。ですから超回復に時間がかかりますから、毎日筋トレを行うとかえって障害を起こす恐れがあります。

では、頻繁に筋トレをしてもいいような小さい筋肉というのはどういったところのことを言うのでしょうか?この小さな筋肉として代表的な個所は腕の筋肉です。この腕の筋肉が小さいことは簡単に証明することができます。

腕立て伏せをやってみてください。すると何回もできないのではないでしょうか?腹筋や背筋については、普段運動不足の人でも何回かこなすことができるはずです。ところが、腕立てふせは一回もできないという人もいるはずです。

これは腕の筋肉が小さいのですぐに疲労状態になるからです。しかし、その分超回復も早いのです。超回復をする対象の筋肉の面積が小さいですから、時間がかからないのです。

ですから、腕の筋肉については、筋トレを頻繁なペースで行ったとしても、あまり問題はありません。一方、大きな筋肉になると、一説によると1週間くらいのインターバルを開けないと十分な超回復ができないということも言われています。

筋トレの頻度などについてはこちらのサイトで詳しく解説されています。参考にして下さい。

■筋トレ豆知識一覧