筋トレ中のたんぱく質の摂取量(1日)について

筋トレをするということは、一種の筋肉の破壊行為といえます。そして、筋肉を修復するために、我々の身体は、その後に回復を図ろうとします。しかも、それまでの筋トレに耐えうるような強い筋肉を作ろうとします。これが筋トレによって筋肉が大きくなるメカニズムということができます。

ということは、筋トレをした後に、十分な栄養を補給することで、筋肉の修復の効率を高めるということも筋トレの中では無視することができない要素ということができます。

筋肉の原料となっているのはタンパク質です。よくプロテインという飲料があって、それをアスリートの人が飲んでいます。これには大量のたんぱく質が含まれていて、それによって筋肉の修復を促進しているのです。

では、我々が通常の筋トレを行って補給すべきたんぱく質というのはどのくらいなのでしょうか?実は、理想的なたんぱく質の摂取量というものがあるといわれています。このとき、キーワードとなるのが2gです。

つまり、自分の体重に2gをかけた値が一日に必要とされるたんぱく質ということになります。例えば、男性の平均的な体重である70kgを基準として考えてみましょう。

この場合は、2×70=140gが一日に必要とされるたんぱく質の量ということになってきます。

現在では、いろいろな食料品のパックには栄養の成分表のようなものが掲載されています。

そこには、たんぱく質がこの食品にはどのくらい含まれているかということも明記されています。こういった情報を見る習慣をつけておくことで、自分にとって必要なたんぱく質の量を計算する癖をつけておくといいかもしれません。





このページの先頭へ