筋トレの知っているようで知らない知識を調べてみました

筋トレ豆知識 > 筋トレ中の呼吸について

筋トレ中の呼吸について

筋トレを行う時に重要なポイントになってくるのが呼吸法です。この呼吸法をよくわからずに筋トレをしている人がいますが、それは効率的な方法ではありませんし、場合によっては危険な状況になることもあります。ですから、筋トレを始める前に正しい呼吸法を身につけてから筋トレを始めるようにしましょう。

基本的に筋トレをする場合、力を入れるときには息を吐きます。逆に力を抜くときには息を吸います。例としてバーベルで見ていきましょう。バーベルを持ち上げるときには、息を吐きます。そしてバーベルを下ろす時には、息を吸うといった感じで呼吸法を行います。
これは、酸素と関係しているといわれています。一般的に酸素は我々にとって必要不可欠な存在です。酸素がない状態だと、体の各機能はきちんと動いてはくれません。ですから、力を使う直前までは、息を吸って酸素を体内にためておきます。そして力を使う時が来たら一気に吐ききるのです。よくウェイトリフティングをする人が競技中に大声を上げます。あれは、声を出すことによって、息を一気に吐ききることができるからだといわれているのです。実際、声を出すことによって体のパフォーマンスはアップするといわれているのです。

よく筋トレをしているときに、息を止めてしまう人がいます。しかし、この呼吸法はNGです。というのも、こういった呼吸法をしていると血流が悪くなり、脳へ血液が行かなくなり場合によっては気絶してしまうこともあります。もしその時バーベルを上げていると、大事故になる可能性があります。

さらに言えば、こういった呼吸法は心臓にもよくないはずです。ですから、一刻も早くこうした呼吸法での筋トレは改めるべきでしょう。

■筋トレ豆知識一覧