筋トレの知っているようで知らない知識を調べてみました

筋トレ豆知識 > ‘筋肉’ タグのついている投稿

‘筋肉’ タグのついている投稿

加圧トレーニングって危険なの?

アスリートを中心にして「加圧トレーニング」というものがひそかなブームになっています。

加圧トレーニングのやり方は簡単で、腕や足にベルトを巻きつけることで、血流を制限すればいいのです。しかし、やり方が簡単だからといって、自力で行うのは危険だといわれています。

加圧トレーニングというのは、血流を人為的に制限することで、脳が、現在行っているトレーニングを過大に評価してしまうのです。そのために、加圧をしていない状態よりも、そのトレーニングをきつく感じてしまうのです。

そのために、成長ホルモンなどを過剰に分泌します。成長ホルモンは筋肉を大きくするためには必要不可欠なものですから、少ない負荷でも、過剰な成長ホルモンの分泌によって筋肉を大きくすることができるのです。つまり加圧トレーニングというのは、少ない練習量で効率的に筋肉を増強できるというシステムなのです。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

筋トレと睡眠の関係

筋トレをより効率的にしてくれる要素というのは、我々の日常生活の中に多く含まれています。その中の一つに睡眠があります。実は、睡眠と筋肉の発達には比例の関係があります。この関係の重要なカギを握っているのが成長ホルモンです。

成長ホルモンというのは、体の発達を促す働きのあるホルモンです。ですから、筋トレをした後に、大きな筋肉の形成を促す働きが成長ホルモンにはあります。実は、この成長ホルモンが一番分泌されるのが睡眠中であることが分かっています。

ということは、睡眠時間を長くとればとるほど、成長ホルモンが大量に分泌され、結果として筋肉が大きくなるペースも速まるということになります。しかし、睡眠については、その量だけでなく、質の面でも重要なところがあります。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

筋肉の付き方の個人差について

同じ筋トレをしたとしても男女の間には差が出てくることがあります。いくら女性が筋トレをしたとしても、男性のように太く丈夫な筋肉は付いてきません。男女の筋肉の違いの理由として、筋肉の量自体が違うという点が挙げられます。

一般的に女性の筋肉量というのは平均して男性のそれの7割程度しかないといわれています。このために、女性と男性が同じ筋トレを行った場合でも、筋肉の付き方が大きく変わってくるのです。

また一方で、女性の方でムキムキになりたくはない人が気をつけておかないといけない点があります。それは、上半身の男女の筋肉量の差ははっきりとしているのですが、下半身になると、その差があまり変わらなくなるという点です。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

ダイエットで食事制限してはだめ?

ダイエットを決意した人が最初に考えること、それは食事制限でしょう。摂取するカロリーを減らすことで、体内にある脂肪を燃やすことになり、ダイエットにつながるというわけです。

このようにダイエットで食事制限することは、基本的には間違ってはいません。とはいっても、我々は、食事から得られる栄養素によって日々活動することができています。ということは、まったく食べないということは、かえって体を危機的な状況にしてしまう恐れがあります。

では、ダイエットをするための食事制限をする時には、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?まずは、食事制限をすると体はどう対応するかを知っておく必要があります。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

なぜストレッチをするの?

「ストレッチ」と聞くとスポーツ選手の人が、トレーニングや試合をする前にけが予防などでするものだというイメージがありませんか?逆に言うと、普段あまり大きな運動をしない人には無縁のものであるということになります。しかし、これって果たして正しいことなのでしょうか?

実は、ストレッチには、いろいろな効果があるのです。例えば、現在では肩こりや腰痛といったことが、日本人の国民病といってもいいくらいに、多くの人が悩まされています。実は、この肩こり、腰痛がストレッチをすることで、解消できる可能性があるといわれているのです。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

ストレッチは筋トレ前?それとも後?

筋トレと密接な関係があるといわれているのがストレッチです。基本的に筋トレは筋肉を収縮させることが目的です。ということは、逆に筋肉を伸ばすストレッチをすることで初めて完璧な筋トレになるという指摘もあります。

ところで、このストレッチには大きく分けて2つの種類があります。それはダイナミックストレッチとスタティックストレッチです。ダイナミックストレッチはラジオ体操に近い性格のもので早く筋肉を動かすストレッチでスタティックストレッチはゆっくりと時間をかけて筋肉を伸ばしていくことが目的です。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

筋トレで顔は小さくなるの?

筋トレというのは筋肉に作用をします。この筋肉は体中にあるものです。もちろん顔にも表情筋をはじめとして筋肉があります。ということは、顔の筋肉に効く筋トレというものもあります。この筋トレの利点は、顔を小さくすることができるという点にあります。

よく、顔がたるんで、しもぶくれのような状態になって悩んでいる人がいます。これは、顔の筋肉が緩むことで、顔についていた脂肪が下の方へと垂れ下がってしまうためにおこる現象といえます。

ということは、この顔のたるみを解消するためには、顔の筋肉を鍛えることで、下に垂れさがった状態になっているお肉を元の状態にまで引き上げることをしなくてはなりません。では小顔になる筋トレにはどのような方法があるのでしょうか?
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

筋トレとピラティスの違い

現在、特に若い女性の間で注目を集めているエクササイズがあります。それはピラティスです。ピラティスというのは、そもそもリハビリのために考案されたものでしたが、これがダイエットに効果があるということがわかり、エクササイズとして紹介されるようになりました。

ところで、このピラティスにはどのような特徴があるのでしょうか?それまでの一般的なエクササイズであった筋トレと比較しながら見ていくことにしましょう。

ピラティスが今までの筋トレと大きく違うところは、エクササイズのターゲットとしている筋肉の違いです。ピラティスでは、インナーマッスルというところに働きかけを行うエクササイズです。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

筋肉が付く職業について

筋トレをして引き締まった体になりたいという人は多いでしょう。しかし、社会人になると、そうそう筋トレをするための時間をとることができないものです。こうして考えていくと、職業に筋トレをするような作業の多いところに就職すれば、効率的に筋トレを行うことができるようになります。さらにジムなどに行けばお金を支払う必要がありますが、職業となると逆に筋トレをしながらお金をもらうこともできます。

筋肉がつきやすい職業と聞いて真っ先に思い浮かぶのはガテン系ではないでしょうか?こういった職業になると、日々体を動かす必要があります。しかも、重たい木材などを運ぶ必要がありますから、この時点で筋トレをしているのと同様の効果があるともいうことができます。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

毎日やってもOKな筋トレの部位はある?

筋トレをすることで、筋肉が破壊されます。そしてそこから修復が始まって、より大きく強い筋肉が生まれます。これを超回復といいます。実はこの超回復のペースというものが筋肉の種類によって異なるといわれているのです。端的に言うと、小さい筋肉の超回復は早く、大きい筋肉の超回復は遅いといわれています。

大きな筋肉というと胸や背筋といったところが非常に大きな筋肉といわれています。ですから超回復に時間がかかりますから、毎日筋トレを行うとかえって障害を起こす恐れがあります。

では、頻繁に筋トレをしてもいいような小さい筋肉というのはどういったところのことを言うのでしょうか?この小さな筋肉として代表的な個所は腕の筋肉です。この腕の筋肉が小さいことは簡単に証明することができます。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>