筋トレの知っているようで知らない知識を調べてみました

筋トレ豆知識 > ‘超回復’ タグのついている投稿

‘超回復’ タグのついている投稿

筋トレするならプロテインは飲んだ方がいいの?

よく筋トレをしている人がトレーニングを終えるとプロテインを補給している光景を目にします。プロテインというのはたんぱく質のことを言いますが、これはより大きな筋肉をつけるためには必要不可欠な存在ということができます。

基本的に筋トレというのは、トレーニングをすることで、いったん筋肉を破壊します。そして、筋肉を修復するときに、今までのようなやわな筋肉ではなくたくましい筋肉にすることで、トレーニングに耐えることができるようにします。これを「超回復」といいます。

超回復ですが、トレーニング後から筋肉の修復の作業が始まります。ということは、この時期に筋肉を作る原料を身体に摂取をしておくと、より効率的に超回復を図ることができるようになります。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

毎日やってもOKな筋トレの部位はある?

筋トレをすることで、筋肉が破壊されます。そしてそこから修復が始まって、より大きく強い筋肉が生まれます。これを超回復といいます。実はこの超回復のペースというものが筋肉の種類によって異なるといわれているのです。端的に言うと、小さい筋肉の超回復は早く、大きい筋肉の超回復は遅いといわれています。

大きな筋肉というと胸や背筋といったところが非常に大きな筋肉といわれています。ですから超回復に時間がかかりますから、毎日筋トレを行うとかえって障害を起こす恐れがあります。

では、頻繁に筋トレをしてもいいような小さい筋肉というのはどういったところのことを言うのでしょうか?この小さな筋肉として代表的な個所は腕の筋肉です。この腕の筋肉が小さいことは簡単に証明することができます。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

筋トレは何日おきにすると効果的?

筋トレを行うということは、筋肉を破壊して、修復することで、より強い筋肉に作り替える作業のことを言います。ですから、一般的には、筋トレの間には筋肉の修復のためにインターバルをあける必要があるという指摘を専門家の人はよくします。

では、具体的には、筋トレのインターバルはどのようにとるのが一番いいのでしょうか?結論から言うと、2~3日おきに筋トレを行うことが一番理想的だとされています。

この2~3日というインターバルが必要なのは、筋肉の修復と密接なつながりがあります。筋トレをした後に一定期間のインターバルをあけることで、筋肉は食事などによる栄養補給によって、より大きな筋肉に作り替えます。このことを「超回復」とも言います。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>