筋トレの知っているようで知らない知識を調べてみました

筋トレ中のたんぱく質の摂取量(1日)について

筋トレをするということは、一種の筋肉の破壊行為といえます。そして、筋肉を修復するために、我々の身体は、その後に回復を図ろうとします。しかも、それまでの筋トレに耐えうるような強い筋肉を作ろうとします。これが筋トレによって筋肉が大きくなるメカニズムということができます。

ということは、筋トレをした後に、十分な栄養を補給することで、筋肉の修復の効率を高めるということも筋トレの中では無視することができない要素ということができます。

筋肉の原料となっているのはタンパク質です。よくプロテインという飲料があって、それをアスリートの人が飲んでいます。これには大量のたんぱく質が含まれていて、それによって筋肉の修復を促進しているのです。

「筋トレ中のたんぱく質の摂取量(1日)について」の続きを読む>>

健康になれる職業について

人間、できる限りは健康に日々を暮らしたいものですね?しかし、現代はストレス社会というように、特に社会に出て職業を持つようになるとそうも言っていられなくなります。よく職場で極度のプレッシャーからでしょうか、胃が痛くなるという話をよく聞きます。

どの職業についてとしても、こうしたストレスというものは付いて回るのではないでしょうか?特にサラリーマンなどは、こうしたストレスの多い社会だと指摘されています。

だからといって、ほかの職業はそうではないかというと、違った面で負担がかかる場合があります。例えば、肉体労働者は、体を日々酷使しますから、肉体的な疲労度というのがサラリーマンのそれとは比較にならないほど大きいでしょう。

「健康になれる職業について」の続きを読む>>

筋肉が付く職業について

筋トレをして引き締まった体になりたいという人は多いでしょう。しかし、社会人になると、そうそう筋トレをするための時間をとることができないものです。こうして考えていくと、職業に筋トレをするような作業の多いところに就職すれば、効率的に筋トレを行うことができるようになります。さらにジムなどに行けばお金を支払う必要がありますが、職業となると逆に筋トレをしながらお金をもらうこともできます。

筋肉がつきやすい職業と聞いて真っ先に思い浮かぶのはガテン系ではないでしょうか?こういった職業になると、日々体を動かす必要があります。しかも、重たい木材などを運ぶ必要がありますから、この時点で筋トレをしているのと同様の効果があるともいうことができます。

「筋肉が付く職業について」の続きを読む>>

高齢者の筋トレの必要性

筋トレと聞くと、若い人たちが行うものというイメージはありませんか?実は、この筋トレ、高齢者の人たちも行った方がいいという指摘をする専門家の人は少なくありません。その理由として、将来、何らかの障害を抱えることを予防することができる点がよく挙げられています。

基本的に、加齢によって、筋力というものは衰えていくといわれています。そのため、高齢者の人たちは、相対的に筋力は弱くなっていきます。すると、いろいろな場面で障害が出てきます。

筋力が弱くなると、とっさの動きができなくなります。よく高齢者の人で、転倒するというケースがありますが、これも筋力の低下と深く関係しているといいます。しかも、この転倒が原因で、さらに筋力が低下してしまい、結果として寝たきりになっていくというケースも少なくありません。

「高齢者の筋トレの必要性」の続きを読む>>

妊娠中に筋トレしても大丈夫?

妊娠した後に、体型が崩れてしまうという女性は少なくないようです。そこで、妊娠しているときから、筋トレなどをして、できるだけ出産後の体型維持を心がけている人がいます。

この妊娠中の筋トレ、一見胎児に悪影響を及ぼすような感じがしますが、これは問題ありません。実は、産婦人科の教科書のイロハの部分で妊婦が筋トレをはじめとした運動をやめる必要なしと書かれているそうです。

ですから、妊婦だからといって、変に体をいたわる必要はありません。ただし、妊婦であればだれでも筋トレをしていいというわけではないようです。一部の妊婦については、逆に筋トレをはじめとした運動をしない方がいいという人もいます。

「妊娠中に筋トレしても大丈夫?」の続きを読む>>

筋トレと有酸素運動、どっちを先にやった方が効果的?

ダイエットのためには運動をすることが必要不可欠になってきます。このときの運動にも2つの種類があります。有酸素運動と筋トレです。

有酸素運動というのは、水泳やジョギングといったような、比較的瞬間瞬間の負荷は比較的軽く、長時間を行うといった種類のものを言います。逆に筋トレは、物を持ち上げるといったような、瞬間的に大きなパワーを発揮するトレーニングということができるでしょう。

この2つの種類の間で時折問題になることがあります。それは、どちらを先に始めた方がいいのかという問題です。この点については、有酸素運動と筋トレ、どちらも先にやった方がいいという意見があるので、正直一概に言うことができないというのが現状です。
しかし、ダイエットの効果という面では、いろいろな意見が出てきますが、ここでちょっと視点を変えてみることにしましょう。つまり、どちらの方がより長くダイエットを継続して行うことができるかという問題です。

「筋トレと有酸素運動、どっちを先にやった方が効果的?」の続きを読む>>

なぜ筋トレをするの?

ダイエットをする方法として運動という方法があります。この運動には大きく分けると2つの方法があります。それは有酸素運動と筋トレです。一般的には、ダイエットをする時には、有酸素運動が効果的だと言います。

これは、有酸素運動は脂肪を燃焼させる運動といわれているためです。ですから、有酸素運動によって長時間、比較的負荷の軽い運動を続けることで、体脂肪を減らそうという狙いがあります。対して筋トレは、筋肉が大きくなってしまうということで、特に女性の間では嫌がられるトレーニングといわれています。

しかし、この考え方は間違いです。むしろ筋トレの方が、働く社会人の人がダイエットをする時には有効という説もあります。これは、基礎代謝と深くかかわってきます。

「なぜ筋トレをするの?」の続きを読む>>

チューブ(ラバー)トレーニングのメリット・デメリット

現在、チューブトレーニングというエクササイズが注目を集めています。チューブトレーニングというのは、文字通りゴムを使ってエクササイズをする方法のことを言います。このチューブトレーニングですが、通常のダンベルなどを使った筋トレよりもいろいろな面でメリットがあるといわれています。

まずは、持ち運びが楽という点が挙げられます。ダンベルとなると数十キロという重量になりますが、チューブトレーニングではゴムですから、簡単に持ち運ぶことができます。ですからどこでもチューブトレーニングを行うことができます。

また、チューブトレーニングについては、自分で強度を変えることができるという利点があります。筋トレだと決まった重量があって、それで自分で持ち上げる種類を決める必要がありました。

「チューブ(ラバー)トレーニングのメリット・デメリット」の続きを読む>>

バランスボールトレーニングのメリット・デメリット

現在、バランスボールというものが新たなエクササイズとして注目を集めています。このバランスボールの特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、一番ポピュラーなエクササイズとして長いこと親しまれている筋トレと比較していきながら見ていくことにしましょう。

筋トレというのは、筋肉を大きくするエクササイズです。ですから、あまりバランス感覚などを必要としません。そのため、神経などへの刺激が少ないエクササイズといわれています。

その分大きな筋肉への刺激は大きいけれども、小さな筋肉への働き掛けが少ないといわれています。一方バランスボールはその名の通りバランス感覚が求められるエクササイズなのです。

「バランスボールトレーニングのメリット・デメリット」の続きを読む>>

筋トレで肌荒れは防ぐことができるの?

筋トレと肌荒れ、一見両者には何の関係もないような感じがします。しかし、筋トレをすることによって、肌荒れを解消することができるのではないかといわれているのです。ここでポイントになってくるのが新陳代謝です。

新陳代謝をすることで、肌は新しいものに再生することができるようになります。これを肌のターンオーバーといいますが、逆に新陳代謝が悪くなるとこの肌の再生も悪くなります。

すると、いつまでも古い角質がとどまることになります。これが結果的には肌荒れにつながっていくのです。ということは、新陳代謝を活発にさせるということが、肌荒れ解消には必要不可欠な条件になってくるのです。

「筋トレで肌荒れは防ぐことができるの?」の続きを読む>>
Page 3 of 4«1234»