筋トレの知っているようで知らない知識を調べてみました

ダンベルだけでもムキムキになれる?

筋トレを行いたいと思った場合に、スポーツセンターやスポーツジムなどに行くといろいろな器具がそろっています。また、自宅で筋トレをしたいという人に便利な器具の一つにダンベルを活用する方法があります。しかし、独学でダンベルをやっている人を見てみると、ダンベルを効果的に使っていないことが多いようです。

例えば、ただダンベルを数持ち上げるのがいいと思い込んでいる人もいるでしょう。しかし、この単純な考え方は大きな間違いです。というのも、数ダンベルをあげようとすると、知らず知らずのうちに勢いをつけて持ち上げようとします。

「ダンベルだけでもムキムキになれる?」の続きを読む>>

毎日やってもOKな筋トレの部位はある?

筋トレをすることで、筋肉が破壊されます。そしてそこから修復が始まって、より大きく強い筋肉が生まれます。これを超回復といいます。実はこの超回復のペースというものが筋肉の種類によって異なるといわれているのです。端的に言うと、小さい筋肉の超回復は早く、大きい筋肉の超回復は遅いといわれています。

大きな筋肉というと胸や背筋といったところが非常に大きな筋肉といわれています。ですから超回復に時間がかかりますから、毎日筋トレを行うとかえって障害を起こす恐れがあります。

では、頻繁に筋トレをしてもいいような小さい筋肉というのはどういったところのことを言うのでしょうか?この小さな筋肉として代表的な個所は腕の筋肉です。この腕の筋肉が小さいことは簡単に証明することができます。

「毎日やってもOKな筋トレの部位はある?」の続きを読む>>

筋トレを長期間休んだら筋肉は衰えるの?

健康のため、またはダイエットのために一念発起して筋トレを始めたとします。しかし、残念ながら途中で挫折をしてしまったり、または目標に達したので筋トレをやめてしまう場合があります。さて、この筋トレをやめることで、私達の体にはどのような変化があらわれてくるのでしょうか?一言で言えばそこには「リバウンド」の危機というものがあります。というのも、リバウンドに欠かすことができない条件が筋トレをやめることでそろってしまうからです。

まず筋トレをやめることで、筋肉は萎んでしまいます。筋肉は重い負荷をかけていたために太くなっていましたが、それが必要なくなるということになると小さくなってしまいます。通常、筋トレをしなくなって1カ月もたつと、筋肉は衰え始めるといいます。

「筋トレを長期間休んだら筋肉は衰えるの?」の続きを読む>>

筋トレはダイエットに成功した後も続けた方がいいの?

ダイエットに燃える人が、筋トレを行います。そして辛抱強く筋トレを続けていった結果として見事ダイエットに成功します。このとき、筋トレのやめ時というのが一つの問題になってくるのではないでしょうか?

実は、ダイエットに成功したからといって、今まで行ってきた筋トレを一切やめてしまうと、元の木阿弥になってしまう恐れがあります。これがいわゆるリバウンドというやつです。

リバウンドというのは、ホメオスタシスという、人間が本来持っている体重を維持し続けようとする本能と関連しています。ダイエットの直後というのは、このホメオスタシスの観点からは一種の異常な状態ということができます。

「筋トレはダイエットに成功した後も続けた方がいいの?」の続きを読む>>

筋トレってどう健康にいいの?

筋トレと聞くと、体の筋肉が大きくなるという効果があるということは何となくわかりますよね?しかし、筋トレをすることで、健康になるのでしょうか?

実は、筋トレをすることによって、現在「生活習慣病」といわれているようなものを克服できる可能性があるのです。基本的に生活習慣病というのは、脂肪を多くため込んだいわゆる肥満の状態によって引き起こされます。

この生活習慣病が原因の病気というのは多岐に及んでいます。がんや、脳こうそく、糖尿病といったものが代表格に挙げられています。ですから、生活習慣病というものを改善する必要というものがあるのです。

「筋トレってどう健康にいいの?」の続きを読む>>

筋トレは何日おきにすると効果的?

筋トレを行うということは、筋肉を破壊して、修復することで、より強い筋肉に作り替える作業のことを言います。ですから、一般的には、筋トレの間には筋肉の修復のためにインターバルをあける必要があるという指摘を専門家の人はよくします。

では、具体的には、筋トレのインターバルはどのようにとるのが一番いいのでしょうか?結論から言うと、2~3日おきに筋トレを行うことが一番理想的だとされています。

この2~3日というインターバルが必要なのは、筋肉の修復と密接なつながりがあります。筋トレをした後に一定期間のインターバルをあけることで、筋肉は食事などによる栄養補給によって、より大きな筋肉に作り替えます。このことを「超回復」とも言います。

「筋トレは何日おきにすると効果的?」の続きを読む>>

筋トレで胸は大きくなるの?

女性の永遠のテーマの一つに、胸を大きくしたい、垂れを防ぎたいといったことが挙げられます。

どうしたら胸を大きくしたり、垂れを防げるのでしょうか?

その方法の一つに筋トレが挙げられます。

胸には大胸筋という大きな筋肉があります。この大胸筋を鍛えていないと、加齢とともに胸の筋肉が衰え、バストが小さくなったように見えたり、もしくは、衰えによって下に垂れてくる可能性があります。

「筋トレで胸は大きくなるの?」の続きを読む>>

筋トレ中の呼吸について

筋トレを行う時に重要なポイントになってくるのが呼吸法です。この呼吸法をよくわからずに筋トレをしている人がいますが、それは効率的な方法ではありませんし、場合によっては危険な状況になることもあります。ですから、筋トレを始める前に正しい呼吸法を身につけてから筋トレを始めるようにしましょう。

基本的に筋トレをする場合、力を入れるときには息を吐きます。逆に力を抜くときには息を吸います。例としてバーベルで見ていきましょう。バーベルを持ち上げるときには、息を吐きます。そしてバーベルを下ろす時には、息を吸うといった感じで呼吸法を行います。
これは、酸素と関係しているといわれています。一般的に酸素は我々にとって必要不可欠な存在です。酸素がない状態だと、体の各機能はきちんと動いてはくれません。ですから、力を使う直前までは、息を吸って酸素を体内にためておきます。そして力を使う時が来たら一気に吐ききるのです。よくウェイトリフティングをする人が競技中に大声を上げます。あれは、声を出すことによって、息を一気に吐ききることができるからだといわれているのです。実際、声を出すことによって体のパフォーマンスはアップするといわれているのです。

「筋トレ中の呼吸について」の続きを読む>>

筋トレで気をつけること

筋トレをする時には、いろいろな注意点があります。ここでは、筋トレの中でも利用する機会が多いと思われるダンベルを使っての筋トレについてみていきます。特に、ダンベルを持ち上げるときに注意点があります。

基本的に、ダンベルを使って筋トレをする時には、自分でどのくらいの重さを持ち上げるかを決める必要があります。このときには、あまり自分の力にそぐわないような重いダンベルからいきなりチャレンジすることはやめておいたほうがいいでしょう。

まず、自分の筋力に合わないダンベルをあげるとなると、相当な負荷がかかります。ということは、けがをする可能性があるということです。ですから、無理は禁物というわけです。

「筋トレで気をつけること」の続きを読む>>
Page 4 of 4«1234