筋トレの知っているようで知らない知識を調べてみました

筋トレ豆知識 > ‘成長ホルモン’ タグのついている投稿

‘成長ホルモン’ タグのついている投稿

加圧トレーニングって危険なの?

アスリートを中心にして「加圧トレーニング」というものがひそかなブームになっています。

加圧トレーニングのやり方は簡単で、腕や足にベルトを巻きつけることで、血流を制限すればいいのです。しかし、やり方が簡単だからといって、自力で行うのは危険だといわれています。

加圧トレーニングというのは、血流を人為的に制限することで、脳が、現在行っているトレーニングを過大に評価してしまうのです。そのために、加圧をしていない状態よりも、そのトレーニングをきつく感じてしまうのです。

そのために、成長ホルモンなどを過剰に分泌します。成長ホルモンは筋肉を大きくするためには必要不可欠なものですから、少ない負荷でも、過剰な成長ホルモンの分泌によって筋肉を大きくすることができるのです。つまり加圧トレーニングというのは、少ない練習量で効率的に筋肉を増強できるというシステムなのです。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

筋トレと睡眠の関係

筋トレをより効率的にしてくれる要素というのは、我々の日常生活の中に多く含まれています。その中の一つに睡眠があります。実は、睡眠と筋肉の発達には比例の関係があります。この関係の重要なカギを握っているのが成長ホルモンです。

成長ホルモンというのは、体の発達を促す働きのあるホルモンです。ですから、筋トレをした後に、大きな筋肉の形成を促す働きが成長ホルモンにはあります。実は、この成長ホルモンが一番分泌されるのが睡眠中であることが分かっています。

ということは、睡眠時間を長くとればとるほど、成長ホルモンが大量に分泌され、結果として筋肉が大きくなるペースも速まるということになります。しかし、睡眠については、その量だけでなく、質の面でも重要なところがあります。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

プロテインはいつ飲むのが効果的?

筋トレをやっている人にとって欠かすことができないものがあります。それはプロテインです。プロテインは文字通りたんぱく質で、筋肉を作る材料になります。このプロテインですが、目的によって飲むタイミングが微妙に違ってくるといいます。

では、どのようなタイミングでプロテインは飲むと効果的なのでしょうか?まず基本的には、寝る2時間程度前に飲んでおくことが重要です。これはホルモンと大きく関係してるのです。

筋肉を大きくするために成長ホルモンというホルモンが大きな役割を担っています。この成長ホルモンですが、運動をした後と寝ているときに分泌されるといわれています。ということは、寝ているときに、筋肉の材料となるたんぱく質が体内に多くあると、その分効率的に筋肉を作ることができます。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>

筋トレで若返る?

巷では「アンチエイジング」という言葉をよく耳にします。やはり、若さをいかに保つかということが人間にとっては永遠のテーマであるということがわかります。現在ではこのアンチエイジングの方法がいろいろと紹介されています。その中の一つに、ジムなどで筋トレをするという方法があります。

では一体なぜ筋トレをすることによってアンチエイジング効果が生まれるのか、筋トレと「若がえり」とはどのような関係があるのでしょうか?実は、この関係を解き明かす大きなカギとなるものがあります。それが成長ホルモンです。

成長ホルモンというのは主に筋肉を大きくしたり、身長を伸ばすという働きに作用するホルモンとして知られています。ただし残念ながらこの成長ホルモンは、年齢とともに、その分泌量が少なくなっていきます。
このトレーニングの腹筋動画を見る>>