筋肉痛のときは筋トレする?しない? | 筋トレ豆知識

筋肉痛のときは筋トレする?しない?

普段から筋トレをしていない人がダイエットなどの目的で筋トレをした時に必ず訪れるのが、筋肉痛ではないでしょうか?

全く運動を日ごろからしていない人にとっては、本当に動くのが億劫に感じられるくらいひどい筋肉痛がくることがあります。

しかし、せっかく始めた筋トレです。多少の筋肉痛だったら、休憩しないで、筋トレを続行したいという人もいるでしょう。

しかし、筋肉痛が起きた時に筋トレをしてもいいものなのでしょうか?

実はこの筋肉痛と筋トレの関係については、専門家の間でも意見が分かれているというのが現状のようです。確かに、日を置いてくる筋肉痛というのは、一種の筋肉が傷んでいる状態ですから、やめておいた方がいいという専門家もいます。

逆に、運動をすれば程度の差こそあれ、筋肉痛はほぼ確実に起きますから、それを気にせずに筋トレをした方がいいという専門家の人もいます。

しかも、ある程度きつさを感じるような負荷をかけて筋トレを行わなければ、筋トレによる本当の効果は表れません。ということは、筋肉痛は避けることができないのです。

ですから、筋肉痛の程度というものが重要なポイントになってくることになります。どうにも耐えることができないような筋肉痛の状態であれば、筋トレはいったんお休みにしましょう。

逆に、痛みは確かにあるけれども、どうにもならないようなきつい痛みではないという時には、筋トレを続行した方がいいというのが、一般的な見解になっているようです。





このページの先頭へ